手間ひまをかけずに

手間ひまをかけない土地の活用方法

駐車場経営は遊休不動産の活用方法として代表的な選択肢の一つです。駐車場ニーズが高いエリアにある土地でないと経営は成り立たないので、全ての土地が駐車場経営に適しているというわけではありませんが、駐車場ニーズがあるエリアであれば安定した収益を生む事が期待出来ます。駐車場経営の最大の魅力は運営に手間ひまが殆どかからないという点です。平面型のパーキングであれば設備のメンテナンスは殆ど不要ですし、駐車代金の回収も機会または不動産仲介業者が代理で行ってくれるため、経営者が手を動かす必要は殆どありません。時折必要になる設備のメンテナンスも、専門の管理業者に委託をすれば全てやってくれるので、手間ひまがかかる事はまずありません。

駐車場経営にかかる費用の相場

駐車場経営を行う上で必要になるコストの大半は、最初の建設工事にかかる費用です。工事費用はどのような駐車場にするかによって大きく異なり、例えば最新型の立体パーキングシステムを導入するという場合には相応の工事費用が必要ですが、平面型パーキングで良いという場合は工事費用は殆どかかりません。運営上必要となるランニングコストは、不動産仲介業者に対して支払う仲介手数料と、設備に修繕が必要になった時にかかる工事費用ぐらいです。尚、立体パーキングシステムを導入する場合には、機材のメンテナンス費用に加えて、機械を動かすスタッフを雇わなければならないため、そのスタッフに対して支払う人件費が運営費用に加算される事になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加